Trenthom
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレントムのゲームブログ

フォーオナーの初中級者向け攻略とかゲームの日記

フォーオナー〜デュエルとドミニオンでの戦い方の違い〜

フォーオナー - PS4

 

今日は少し難しいテーマかもしれません

 

デュエルとドミニオンでは戦い方が変わるという方も多いと思いますし

 

 

実際、同じ様に戦うのはある種無理なのかもしれません

 

デュエルとドミニオンのタイマン状況では何が違い

ドミニオンにおける効率のいい戦い方は何なのかというお話しをしたいと思います

 

 

〈デュエル〉

デュエルでは取り立てて意識することは有りません

目の前の相手のみに集中すればいいので

お互い行動が慎重になり

試合展開もゆっくりになる事が多いと思います

 

単純に実力が上の人が相手でも

モードの目的が相手を倒す事なので

読み合いも、対戦を重ねるにつれ

人読みが多くなります

 

 

ドミニオン

ここでは基本的には一対一の状況を想定します

 

ドミニオンではデュエルの様な戦いになる事は少ないです

モードの目的が相手を倒す事では無い事と

いつ他の人が加勢にきたり、逆に相手の邪魔が入るか分からず

また、一般兵の存在や地理的条件等、より戦う際に処理しなければいけない情報は増え

それにおけるリスクリターンの管理も変わってきます

 

1番シンプルな考え方は

リターン重視です

 

私の場合にはなりますが

ドミニオンではタイマン状況下において

より早く相手を倒せる選択肢を優先的に取る様にしています

 

デュエルでは殆どしない選択肢もそこには含まれます

例えば、弱、強、強のチェーンを出し切ると言った様な具合です

 

というのも

ドミニオンでは相手とのタイマン時間が永くなればその間自分はポイントを稼いでいない事になるので(相手も稼いでいないので状況によっては有り、後述で触れます)

効率よくポイントを取る行動をするには相手を素早く倒し

より素早く状況判断し

次の行動までのラグを少なくする必要があります

 

が、これも相手によってはそうもいかない事があります

 

では相手のレベル別で取るといいリスクリターンの考え方を簡単に紹介しましょう

 

 

相手の実力が自分より低い場合

最速で倒しましょう

こちらの攻撃に対応出来ないのであれば

容赦なく嵌め殺しましょうw

 

 

 

相手の実力が自分と近い場合

相手になにが出来て何が出来ないのかを

測る必要は有りますが

普段よりはリターン重視の行動でもいいと思います

ただ、強引には行かないほうがいいです

実力が拮抗していれば

1つの隙やミスが勝敗を分けます

 

状況によりますが

相手が逃げるようなら無理に追いかけずともいいかもしれません

敵拠点の近くで

他に相手が居なさそうならば回復阻害を含め倒しにいってもいいと思います

 

 

相手の実力が自分より上の場合

とにかくやられない様にしましょう

やられない様にするコツはこちらから一切攻撃をしない事ですw

 

私の場合にはなりますが

あぁ、これ勝てないなぁと思ったら

もう1人敵がこない限りはひたすらその敵を足止めします

相手の重要戦力を他の戦場に回させず

相手にポイントを取らせない為です

その間味方戦力が相手より上回っていた場合は

かなりのポイント阻害を出来ている事になります

もう1人敵が来たら素直に逃げます

状況によっては時間を稼ぎにいきますが

少なくとも1人は自分より実力が上であればかなりやられるリスクが高いので

そこは無理せずとも良いでしょう

味方が助けに来たら一転攻勢で倒しに行きましょう!

 

足止めする自信が無い場合は

素直に逃げた方がいいです

やられるよりは遥かにマシです

 

 

と、このように

ポイント関連は稼いでいないと貢献していないとは一概には言えないので

あまり、試合終了後のスコアは気にしなくていいでしょう

 

単純にポイントが欲しければ

拠点に籠るか、一般兵を倒していれば溜まります

しかし、ポイントは稼ぎまくったが

味方に負担を掛け続け結果負けたのであれば

本末転倒です

 

ドミニオンでは

相手を倒す事ももちろん大事ですが

何がより多くポイントに繋がる行動なのかを意識してみると

試合の展開や、全容が見えてきて

より楽しめると思います

 

 

ちなみに、味方の戦術理解度が高い場合

劣勢状況(拠点を全て取られている)の時に

簡易チャットで敵拠点を取るよう指示を出す

                                ↓

味方大蛇が取りに行ってくれる

                                ↓

敵、2名自拠点に戻り対応

                                ↓

残った敵2名を3人で連携し倒す

                                ↓

そのまま中央拠点を確保

                                ↓

大蛇、適当に時間を稼いで逃げて合流

                                ↓

全員で敵拠点に進行し敵を一掃

                                ↓

リスポーンしてきた相手を各個撃破

                                ↓

そのまま逆転勝利

 

というような試合もありました

この時は初めは味方全員が敵を倒す事に集中し

なおかつやられている状況で

スコア差実に400点オーバーで負けたかと思った所からの逆転で

非常に印象に残っている試合です

もちろんたまたま上手くいった例でも有りますが

ノラ出撃の身としては嬉しい勝ち方ですw

 

ですので、現状の自分の実力を把握し

その中で最もチームに貢献出来る行動を取れるよう心がけましょう!

 

凸死、ダメ絶対!ですw

 

 

今回は以上!